読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nirasan's tech blog

趣味や仕事の覚え書きです。Linux, Perl, PHP, Ruby, Javascript, Android, Cocos2d-x, Unity などに興味があります。

Parse.com でバックグラウンドジョブの登録と実行メモ

Parse.com のダッシュボードからアプリの作成

  • アプリ名は "JobTest" で作成

parse コマンドのインストール

$ curl -s https://www.parse.com/downloads/cloud_code/installer.sh | sudo /bin/bash

Cloud Code のディレクトリを作成

$ parse new JobTest
$ cd JobTest

バックグラウンドジョブの定義

  • cloud/main.js にバックグラウンドジョブを定義する
  • 今回は "JobLog" Object を1件作成するだけのジョブを用意した
  • 記述方法は大体 JavaScript Guide の通りで、成功/失敗で status.success/status.error を返すように
Parse.Cloud.job("firstJob", function(request, status) {
  var JobLog = Parse.Object.extend("JobLog");
  var jobLog = new JobLog();

  jobLog.set("message", "Job is running.");

  jobLog.save(null, {
    success: function(jobLog) {
      status.success("Logging completed successfully.");
    },
    error: function(jobLog, error) {
      status.error("Uh oh, something went wrong.");
    }
  });
});

定義したバックグラウンドジョブを配布

$ parse deploy

バックグラウンドジョブの実行

  • Parse.com のダッシュボードから [Core] > [Jobs] を開き、右上の [Schedule a Job] からバックグラウンドジョブのスケジューリングを行う

動作確認

  • ダッシュボードから [Core] > [Jobs] > [Job Status] でバックグラウンドジョブの成功不成功が確認できる
  • firseJob が成功した場合 [Core] > [Data] で "JobLog" Object が作成されている