読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nirasan's tech blog

趣味や仕事の覚え書きです。Linux, Perl, PHP, Ruby, Javascript, Android, Cocos2d-x, Unity などに興味があります。

AppFog に Linux 上の CakePHP アプリケーションをデプロイする手順

はじめに

  • PHPFog の後継 PaaS である AppFog で、 Linux(Ubuntu) 上で稼働している CakePHP アプリケーションを動かした手順を記録します。

登録

  • AppFog のサイト https://www.appfog.com/ の「SIGN UP」から登録します。
  • メールアドレスや簡単な質問に答えるだけで無料で登録できました。

ドキュメント

コマンドラインツールのインストール

  • コマンドラインツールは Ruby の gem パッケージとして提供されています。
  • gem はインストール済みだったので以下のコマンドだけでインストールできました。
gem install af

ログイン

  • コマンドラインから AppFog にログインします。
  • メールアドレスとパスワードを求められるので入力してください。
af login

ユーザー情報表示

  • ユーザー情報は以下のコマンドで表示できます。
  • Web管理画面 https://console.appfog.com/ から参照できる情報と同じものです。
  • フリープランでは2GBのメモリと、最大8個のサービス、無制限のアプリケーションを作成できます。
    • サービスとは AppFog の提供しているミドルウェアで、MySQL/PostgreSQL/Redis/MongoDB/RabbitMQ などが用意されています。
af info
AppFog Free Your Cloud Edition
For support visit http://support.appfog.com

Target:   https://api.appfog.com (v0.999)
Client:   v0.3.18.12

User:     **********
Usage:    Memory   (192.0M of 2.0G total)
          Services (1 of 8 total)
          Apps     (2 of 9999 total)

CakePHP アプリケーションのデプロイ

  • さっそく CakePHP アプリケーションを AppFog 上にデプロイします。
  • まずはアプリケーションのルートディレクトリに cd してください。
  • その後 `af push` コマンドで AppFog アプリケーションの作成と CakePHP アプリケーションのアップロードが行われます。
% af push
Would you like to deploy from the current directory? [Yn]: Y # カレントディレクトリ以下をデプロイするか?よいので "Y"。
Application Name: APP_NAME # "APP_NAME" には任意のアプリケーション名を入力。
Detected a PHP Application, is this correct? [Yn]: Y # PHPアプリケーションでよいか?よいので "Y"。
1: AWS US East - Virginia
2: AWS EU West - Ireland
3: AWS Asia SE - Singapore
4: Rackspace AZ 1 - Dallas
5: HP AZ 2 - Las Vegas
Select Infrastructure: 3 # デプロイ先のクラウドを選択。近そうなシンガポールにするので "3"。
Application Deployed URL [APP_NAME.ap01.aws.af.cm]: # ドメイン名の確認
Memory reservation (128M, 256M, 512M, 1G, 2G) [128M]: # 使用メモリ量を選択
How many instances? [1]: # 作成インスタンス数を選択
Create services to bind to 'APP_NAME'? [yN]: Y # サービスを作成するか?作成するので "Y"。
1: mongodb
2: mysql
3: postgresql
4: rabbitmq
5: redis
What kind of service?: 2 # MySQLサービスを作成するので "3"。
Specify the name of the service [mysql-*****]: # サービス名の確認
Create another? [yN]: N
Would you like to save this configuration? [yN]: Y # デプロイ先の情報をカレントディレクトリに保存するので "Y"。
Manifest written to manifest.yml.
Creating Application: OK
Creating Service [mysql-*****]: OK
Binding Service [mysql-*****]: OK
Uploading Application:
  Checking for available resources: OK
  Processing resources: OK
  Packing application: OK
  Uploading (63K): OK
Push Status: OK
Staging Application 'APP_NAME': OK
Starting Application 'APP_NAME': OK

* アプリケーション一覧の表示
- コマンドラインからアプリケーション一覧を表示してアプリが作成できたか確認できます。
>|sh|
af apps

DB設定ファイルを AppFog に対応

  • 作成した MySQL サービスへの接続情報は、環境変数 "VCAP_SERVICES" にJSONとして入っています。
  • 環境変数や扱い方のサンプルは https://docs.appfog.com/services/mysql を参照のこと。
  • サンプルに従い app/Config/database.php を編集してローカルの開発環境でも AppFog 上でも動くようにしました。
<?php
class DATABASE_CONFIG {

    public $default;
    public $test;

    function __construct() {

        # For AppFog - https://docs.appfog.com/services/mysql
        if (getenv("VCAP_SERVICES")) {

            $services_json = json_decode(getenv("VCAP_SERVICES"),true);
            $mysql_config = $services_json["mysql-5.1"][0]["credentials"];

            $this->default = array(
                'datasource' => 'Database/Mysql',
                'persistent' => false,
                'host' => $mysql_config["hostname"],
                'login' => $mysql_config["username"],
                'password' => $mysql_config["password"],
                'database' => $mysql_config["name"],
                'prefix' => '',
                'encoding' => 'utf8',
            );

            $this->test = array();

        # For localhost
        } else {

            $this->default = array(
                'datasource' => 'Database/Mysql',
                'persistent' => false,
                'host' => 'localhost',
                'login' => '*****',
                'password' => '*****',
                'database' => '*****',
                'prefix' => '',
                'encoding' => 'utf8',
            );

            $this->test = array(
                'datasource' => 'Database/Mysql',
                'persistent' => false,
                'host' => 'localhost',
                'login' => '*****',
                'password' => '*****',
                'database' => '*****',
                'prefix' => '',
                'encoding' => 'utf8',
            );
        }
    }
}

DB設定ファイルの更新

  • 変更した database.php は `af update` で AppFog にアップロードします。
af update

開発DBのデータをMySQLサービスに入れる

必要ライブラリのインストール

  • `af tunnel` コマンドに必要なライブラリをインストールします。
gem install caldecott

MySQLサービスにトンネルを張る

% af tunnel
1: mysql-*****
Which service to tunnel to?: 1 # 接続先のサービス選択
Getting tunnel connection info: OK

Service connection info:
  username : ********** # 接続先ユーザー名
  password : ********** # パスワード
  name     : ********** # DB名
  infra    : ap-aws

Starting tunnel to mysql-***** on port 10000. # 接続先ポート番号
1: none
2: mysql
3: mysqldump
Which client would you like to start?: 1 # 実行するクライアントの選択。トンネルを張るだけなので none で。
Open another shell to run command-line clients or
use a UI tool to connect using the displayed information.
Press Ctrl-C to exit... # トンネルが張れた。終了する場合は Ctrl-C。以後の作業は別端末で行う。

** 別の端末で接続確認
- `af tunnel` 実行時に表示された接続情報を使って MySQL サービスに接続します。
>|sh|
mysql --protocol=TCP --host=localhost --port=10000 --user="ユーザー名" --password="パスワード" "DB"

開発DBのデータをダンプ

mysqldump -uroot DB_NAME > DB_NAME.out

MySQLサービスにデータを入れる

mysql --protocol=TCP --host=localhost --port=10000 --user="ユーザー名" --password="パスワード" "DB" < DB_NAME.out

さいごに

  • 登録から公開まで、特にはまることなく作業することができたので、とても扱いやすいサービスだと感じました。
  • 無料でもいろいろできそうなので、とりあえずの実験的なアプリの公開先に使っていきたいです。